So-net無料ブログ作成
検索選択

イスラム国が日本政府を脅迫してきました [事件事故]

米英、身代金応じず…必要なら軍事力で奪還        (2015/01/21      読売新聞)

【ワシントン=今井隆、ロンドン=佐藤昌宏】米英両政府は、「イスラム国」など過激派組織に自国民を人質に取られても、身代金支払いには応じない方針を貫いている。

敵対する国々から人質を取って揺さぶりをかけるイスラム国の戦略に乗らず、組織の資金源になるのを阻止するためだ。一方、ほかの欧州諸国には、身代金を支払ったケースもあると伝えられている。

[コピーライト] 読売新聞

米国は昨年8月以降、イスラム国に自国民3人を殺害された。1人目のジャーナリスト、ジェームズ・フォーリー氏には、1億ユーロ(約137億円)の身代金支払いの要求があったが、米国は支払わなかった。オバマ米大統領はフォーリー氏が殺害された後、「米国は正義のための措置を取る」と述べ、要求には応じず、掃討作戦を強化する姿勢を示した。

米国が身代金を支払わないのは、要求に応じれば、過激派組織が米国人を誘拐・拉致する動機を強めるとともに、組織の活動資金になるとみるためだ。必要なら軍事力で奪還を試みるのが基本姿勢だ。

--------------------------------

東京大学准教授の池内恵氏による今回のイスラム国による邦人脅迫・現金要求事件を解説したブログを紹介します。http://chutoislam.blog.fc2.com/blog-entry-258.html

中東の文化を研究されている池内氏の指摘と解説は解りやすいのではないでしょうか! Twitterで紹介されていたブログです。

--------------------------------

いちブロガーが感じたことは、NHKなどは日本国民が隔月で楽しみにしている大相撲放送を教育放送に切り替え、グタグタと同じような映像を流し中東地域の「イスラム国」について解説を始めるんですょね!?鬱陶しいんですょ。自民党政権・安倍首相の人質解放対応が悪かったら叩こうとしているのミエミエですね。 

危険地帯と解っていて乗り込んだ邦人2人にも問題有りなのではないでしょうかねぇ、好奇心旺盛といえば聞こえはいいかもしれないけど丸腰の日本人はイスラム国のような過激派集団から見れば赤子のようなものでは。 

公開された映像も加工された映像かどうかも解らない、人物はスタジオで撮影され砂漠の画像と合成されているのではないかという指摘もあるんです。 跪かされている邦人2人も憔悴している表情なしどちらかといえば顔色は良いですね!痩せてはいないふっくらしている感じです。 映像中黒ずくめの戦闘員が安倍首相と日本国民に対して捲し立てているときに邦人2人は黙ったまま…唇の動きがまったくないのが不自然に思えるんです、何か言いたげな表情を見せていない。 映像分析ですね。

YouTube動画による直接閲覧は避けた方が良いという指摘がTwitterで紹介されていました、TVで流される動画を見て考えてくださいと閲覧数があがるほどイスラム国が調子に乗るそうです


nice!(1) 

nice! 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。