So-net無料ブログ作成
検索選択

2020年のオリンピックにむけて外国人向け地図記号が登場するようです

「卍」ナチス連想で三重の塔に…外国人向け記号      (2016/01/13    読売新聞)

2020年の東京五輪・パラリンピックに向け、国土地理院は「外国人向け」の地図で使用する地図記号を新たに作ることを決めた。

               CCse7g.jpg

観光客の利用頻度が高く、緊急時にも使われるホテル、コンビニエンスストア、交番、病院など18種類で、スマートフォンの地図アプリや旅行ガイドブックなどでの使用を想定している。2月まで意見公募(パブリックコメント)を行った上で、正式に決定する。

有識者検討会が東京・浅草の浅草寺を訪れた観光客や在京の大使館職員、留学生ら計約1000人にアンケートを行い、それを基に地理院が素案を作成した。外国人旅行者を混乱させないため、▽街中の案内板や標識で使われている「ピクトグラム」(絵文字)と一致させる▽地図上で3ミリ程度の小さなサイズでも表示できる――ことを原則とした。

アンケートでは、日本で交番を意味する警棒を2本交差させた地図記号を、「わかりやすい」とした回答が4%と低かったため、外国人向けでは警察官が敬礼するポーズにした。観光地が多い寺院の地図記号は「卍」だが、ナチス・ドイツのマークを連想させるという意見が多数寄せられたため、三重の塔のデザインとした。

--------------------------------

外国人には日本の地図記号見ても理解できないモノがありそうです。 神社・寺の地図記号は欧米には無さそうですからね。

日本人にはなじみ深いお寺マークがナチス・ドイツの鉤十字に似ているというのですから(ナチス・ドイツの鉤十字は右まんじで日本のお寺マークは左まんじなんです)。欧州では右まんじも左まんじも同じように見えるんだろうね。

従来から使われている日本の地図記号は小学校の社会科で習いますからねぇ、それはそれで十分かと。


nice!(0) 

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。