So-net無料ブログ作成

台湾総統選、親中政党にNO!なんだね

台湾政策「変わらず」=総統選圧勝の蔡氏けん制―中国           (2016/01/17    時事通信)

 【北京時事】中国国務院台湾事務弁公室は16日夜、野党・民進党の蔡英文主席が圧勝した台湾総統選の結果を受けて談話を発表し、「われわれの台湾に対する重大な政策・方針は一貫して明確であり、台湾の選挙結果を受けても変わらない」と表明した。その上で「両岸(中台)は一つの中国に属する」と認める政党・団体との交流や接触を強化する方針を改めて示した。

 同弁公室はまた、中台双方がお互いの立場で「一つの中国」原則を認め合う「92年合意」を引き続き堅持するとともに、「いかなる形式であれ『台湾独立』の分裂活動に断固反対する」と強調。「国家主権や領土一体化を守るという重大な原則問題で、われわれの意志は大きな岩のように堅固で、態度は終始一貫している」と述べ、「92年合意」を認めない蔡主席をけん制した。

 さらに「両岸同胞が一緒になり、両岸の政治的基礎を維持し、両岸関係の平和発展と台湾海峡の平和・安定を守り、中華民族の偉大な復興の明るい未来を共につくりたい」と呼び掛けた。 

--------------------------------

近隣国の政党についてはサッパリですが、女性党首が台湾総統選で勝利するとはね…親中政党にはNO!を突きつけたというワケのようですね。大陸から移住してきた者ではなく台湾に昔っから住んでいる人達は同等にみられるのが嫌なんだろう。


nice!(0) 

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。