So-net無料ブログ作成
検索選択

「駆け付け警護」法案が成立して良かったと思うんですけどね [軍事]


陸自、「駆け付け警護」の現場 「温度計は50度を超える」日に焼けた関係者はそう言った…酷暑と緊張の南スーダン  (2016/11/17   産経新聞)

  国連平和維持活動(PKO)に参加する陸上自衛隊が展開する南スーダンの首都ジュバ。陸自が新任務「駆け付け警護」を来月から担う現場は、酷暑と緊張の中にある。

 「日なたに置くと温度計は50度を超える」。日に焼けた陸自関係者が言った。ジュバ南西部にある南スーダン派遣団(UNMISS)司令部の敷地内で隊員らは、隣接する避難民キャンプとの間の防護壁を整備中。隊員が操る重機の音が響く中、小銃を持った警備担当の隊員が周囲に目を配る。政府軍と反政府勢力が戦った7月当時、司令部の近くに反政府側の拠点があった。避難民キャンプを警備していたUNMISSの中国人隊員2人が攻撃を受けて死亡した。

 ジュバ北部にある陸自宿営地までは約10キロ。部隊は1日の作業を終えると、未舗装のでこぼこ道を戻っていく。高機動車は速度を抑え、車上に顔を出した隊員は前方に広がる赤茶色の道を注視する。砲弾を受けた建物や焼け焦げた草木の脇を通り過ぎた。(共同)

--------------------------------

南スーダンって熱いところのようで…そこで平和維持活動をしている自衛隊員の方々ご苦労様です。温度計が50℃超を指す所なんて一日本人には想像できませんね(><) 熱中症とか風土病に罹らないだろうかと心配になります。

「駆け付け警護」法案が成立して、一国民の考えとしては良かったのではないかと!活動拠点が敵の兵から襲われて手が出せない(応戦)できないのでは話になりませんからねぇ。首相官邸前で反対!とワイワイ騒いでいて反対派連中は 南スーダン反政府勢力となんでも話せば解る と妄想しているんでしょうかね! こっち(自衛隊)が丸腰だったら何もしないと思いなんでしょうか…平和ボケですねぇ。

話せば解る反政府勢力だったら国連平和維持活動なんて不要だと、自衛隊も南スーダンに派遣されることは無いわな(笑)

日本国民多くは南スーダンに派遣されている自衛隊員が無事に任務を終え帰還することを願っているんですから。


nice!(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。