So-net無料ブログ作成
俳優・女優 ブログトップ
前の10件 | -

名脇役の長門勇さん死去 [俳優・女優]

名脇役の長門勇さん死去 「三匹の侍」などに出演      (2013/06/06     産経新聞)

テレビドラマや映画で名脇役として活躍した俳優の長門勇(ながと・いさむ、本名・平賀湧=ひらが・いさむ)さんが4日、老衰のため死去した。81歳。岡山県出身。葬儀・告別式は近親者のみで行う。

      ent13060518350011-p1.jpg 在りし日の長門勇さん

  高校を中退して、昭和23年に旅回り一座の高尾光子劇団に入団。東京・浅草のロック座やフランス座などでコメディアンとして活躍した。

 その後、テレビに進出し、38年に大ヒットした時代劇「三匹の侍」で、やりの達人で人が良いとぼけた浪人役をユーモラスに演じ、一躍注目を集めた。コメディー番組「スチャラカ社員」で演じた部長役では、困ったときに使う岡山弁の「おえりゃあせんのう」が流行語になった。

 「悪魔の手毬唄」など横溝正史原作ドラマにも出演、金田一耕助とコンビを組む警部役が好評を博した。「いも侍・蟹右衛門」「ひとり狼」など映画にも多数出演した。昨年3月、TBSラジオの生番組にゲスト出演したのが最後だったという。

--------------------------------

最近TVで姿を見かけなかったので隠居されていたのかなぁ~と。 長門勇さんの出演されたので記憶があるのが「水戸黄門」シリーズと「暴れん坊将軍」シリーズでしょうか。他には刑事物というかサスペンスものに出演されていたのではないでしょうか。 記憶にあるのが水戸黄門でしょうか、槍使いの役柄をこなしていたような…槍使いは専門家に習ったのだろうか?様になっていましたね。 最近活躍中の俳優で槍使いの人っていたかしら?上手に扱える人居ないようなw 刀の方の立ち回りの上手い人はいるけどね。

若かりし長門勇さんが出演していたころの時代劇全盛期の作品って屋敷のセット大きくてエキストラも今の時代と違って多かった、その中で個性を見せてくれていたような、1950年代~1960年代の時代劇って今見ると面白いですから。デアゴスティーニ・ジャパンの時代劇コレクションだったか何本か見てそう思いましたね。

 


nice!(0) 

夏八木勲さん死去 [俳優・女優]

夏八木勲さんが死去=映画、ドラマの名脇役、73歳      (2013/05/13      時事ドットコム)

 野性的な風貌の名脇役として多くの映画やテレビドラマで活躍した俳優の夏八木勲(なつやぎ・いさお)さんが11日午後3時22分、膵臓(すいぞう)がんのため神奈川県鎌倉市の自宅で死去した。73歳だった。東京都出身。葬儀は近親者で行う。


           0130512at05_p.jpg 在りし日の夏八木勲さん

 慶大中退後、俳優座養成所に入所し、1966年デビュー。映画「日本沈没」「宵待草」「戦国自衛隊」、テレビドラマ「鳩子の海」「富豪刑事」など数々の作品で味わい深い演技を見せた。
 昨年10月公開された園子温監督の映画「希望の国」では、原発事故で平穏な暮らしを奪われる主人公を演じ、芸術選奨文部科学大臣賞を受賞。5月15日から開かれるカンヌ国際映画祭の長編コンペティション部門候補作「そして父になる」(是枝裕和監督)にも出演している。
 所属事務所によると、昨年秋に膵臓(すいぞう)がんが見つかったが、その後も入退院を繰り返しながら精力的に仕事を続けていた。10日ごろから急に体調が悪化したという。昨年放送のフジテレビ系ドラマ「ゴーイング マイ ホーム」が最後の現場となった。
 昨年秋のインタビューでは「映画は僕にとってメーンの土壌。そこで栄養を吸い取って、また成長していかないとね」と話していた。

--------------------------------

膵臓ガンを患っていても役者にこだわっていたんですね…亡くなる数日前まで出演作のことを気にされていたようです。 夏八木さんは主役から敵役・悪役を演じたりホームドラマではおっとりした役もこなしたり映画・ドラマを引き立てていましたね。 Wikipediaで夏八木さんのドラマ・映画の出演作を見る限りこの方はオファーあれば出るという人だったんですね! http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%8F%E5%85%AB%E6%9C%A8%E5%8B%B2

ご冥福をお祈りいたします。


nice!(0) 

三國連太郎さん死去 [俳優・女優]

俳優の三国連太郎さんが死去 「飢餓海峡」「釣りバカ日誌」        (2013/04/15       産経新聞)

映画「飢餓海峡」「復讐するは我にあり」や、「釣りバカ日誌」のスーさんの個性的な演技で知られる俳優、三国連太郎(みくに・れんたろう、本名・佐藤政雄=さとう・まさお)さんが14日午前9時18分、急性心不全のため、東京都内の病院で死去した。90歳だった。葬儀・告別式などの日程は未定。

 大正12年、群馬県出身。昭和26年、松竹映画「善魔」(木下恵介監督)の主役(新聞記者)でデビュー。「ビルマの竪琴」「飢餓海峡」「神々の深き欲望」「復讐するは我にあり」などに出演し、木下監督、今村昌平監督らとの名コンビで、日本映画の歴史に残る個性的な演技を見せた。

          ent13041511290004-n1.jpg 死去した三国連太郎さん2009年12月、東京都港区赤坂(荻窪佳氏 撮影)

 演劇、テレビドラマでも存在感を示し、人気漫画を映画化した「釣りバカ日誌」のスーさんこと鈴木一之助役の演技でも新境地を開いた。

 長男は俳優の佐藤浩市さん。

------------------------------

また…昭和の個性派俳優がお亡くなりになりました。 三國連太郎さん御年90歳、私の記憶にある限り個性のある演技を見せ楽しませてくれました。

「釣りバカ日誌20ファイナル(2009)」が最後の主演作かと今日まで思っていたのですが「わが母の記(2012)」という井上靖原作の映画に出演されていたのですね…知らなかったです。 題名は忘れましたが2時間単発の経済サスペンスドラマで黒幕とか代議士をやっている三國さんの印象が忘れられないんですょね、独特の凄みがあったもんです。 「釣りバカ・シリーズ」では西田敏行さん演じるハマちゃんの思い通りに誘導される社長・スーさんには毎回笑わせられたもんです。 残念ですね!

ご冥福をお祈りいたします。


nice!(0) 

昨年再婚した坂口良子さん急死する [俳優・女優]

坂口良子さん急死 昨夏に尾崎健夫と結婚したばかり… 57歳       (2013/03/29      産経新聞ZAKZAK)

ドラマや映画などで活躍した女優、坂口良子(さかぐち・りょうこ)さんが27日に死去していたことが28日、分かった。57歳だった。

       enn1303290840002-n1.jpg 27日に急死した坂口良子さん(2007年1月撮影) 

今月12日には体調不良を伝える一部報道が出たのを受けて、自身のブログを更新。「昨年、腸閉塞(へいそく)を患い、それとほぼ同時期にインフルエンザから肺炎になってしまったりと、体調を少し崩しておりました」「現在は、栄養を補給する為、点滴等の治療をしながら、ゆっくりと静養しております」などと記していた。

 坂口さんは北海道出身。昭和46年、「ミス・セブンティーンコンテスト」で優勝し、芸能界入り。モデル、女優として活動し、47年のドラマ「アイちゃんが行く!」で主演デビュー。「たんぽぽ」「前略おふくろ様」「池中玄太80キロ」などの人気ドラマや、映画「犬神家の一族」「人間の証明」などに次々と出演してきた。

 私生活では61年に不動産会社社長と結婚し、1男1女をもうけたが、平成6年に離婚。24年8月にプロゴルファーの尾崎健夫さんと結婚した。長女の坂口杏里さんはタレント。
--------------------------------

朝のワイドショーを見ていて訃報に驚きましたわ…。

昨年、プロゴルファーの尾崎健夫さんと結婚して嬉しそうだった動画が思い出されます。 熟年女優さんの内では好きでしたね!単発の2時間ドラマでは主役・脇役いい演技されていたのではないでしょうか(><)とても残念です!

ご冥福をお祈りいたします。


nice!(2) 

市川團十郎さん死去 [俳優・女優]

市川団十郎さん死去=歌舞伎俳優、66歳-「歌舞伎十八番」継承、復活     (2013/02/04    時事ドットコム)

「勧進帳」の弁慶など豪快で力強い「荒事(あらごと)」の演目をはじめ、幅広い作品で立ち役として活躍した歌舞伎俳優の市川団十郎(いちかわ・だんじゅうろう、本名堀越夏雄=ほりこし・なつお)さんが3日午後9時59分、肺炎のため東京都港区の病院で死去した。66歳だった。東京都出身。葬儀の日程は未定。

      0130203at47_t.jpg 在りし日の市川團十郎さん

 団十郎さんは京都・南座に出演中の昨年12月、風邪をこじらせた後、肺炎の兆候がみられると診断され、1月の東京・新橋演舞場の公演を休演。4月に開場する新しい東京・歌舞伎座のこけら落とし公演に向けて治療に専念していた。
 十一代目市川団十郎の長男として生まれ、1953年歌舞伎座で初舞台。同劇場で58年に六代目市川新之助、69年に十代目市川海老蔵を襲名した。
 85年4月、家の芸である「歌舞伎十八番」の「勧進帳」の弁慶、「助六由縁江戸桜」の助六、「暫」の鎌倉権五郎などで十二代目団十郎を襲名。3カ月にわたる披露興行は歌舞伎ブームのきっかけとなった。
 豪快でスケールの大きな芸風で、「仮名手本忠臣蔵」の大星由良之助、「熊谷陣屋」の熊谷直実、「若き日の信長」の信長なども当たり役。「歌舞伎十八番」の継承にも力を注ぎ、80年に「外郎売」、2009年には「象引」を復活上演している。 
 04年5月、長男の十二代目市川海老蔵襲名披露のさなかに白血病を発症。10月に海老蔵襲名のパリ公演で舞台復帰したが、翌年6月に再発。壮絶な闘病生活を経て、06年5月に再復帰し、07年3月にはパリ・オペラ座での初めての歌舞伎公演を成功させた。08年7月に妹から骨髄幹細胞移植を受け、09年1月に本格復帰を果たした。
 07年紫綬褒章。著書に「団十郎の歌舞伎案内」「団十郎復活」など。

--------------------------------

市川團十郎さんといえば「勧進帳」でしょうか…勧進帳の画像を見るたびに團十郎さんだ!と思えたもんです。私は歌舞伎の舞台は見たこと無いんですけどNHKで放送されている録画は何度か見ました。團十郎さん白血病を患ったそうで骨髄移植で復帰され元気な姿見てまだまだ現役で頑張れるのではないかと思ったもんです。 肺炎でお亡くなりになったようですがやはり白血病完治したとはいえ免疫力が低下していたのでしょうかねぇ?

ご冥福をお祈りいたします。


nice!(0) 

小沢昭一さん死去 [俳優・女優]

小沢昭一さんが死去…俳優、演出、ラジオに活躍      (2012/12/10     産経新聞)

俳優で演出家、語り芸の名手と多彩なジャンルで活躍した小沢昭一(おざわ・しょういち)さんが10日午前1時10分、死去した。83歳。葬儀・告別式の日取り、喪主は未定。

 小沢さんは体調を崩し、今年9月に入院。昭和48年1月から39年間続く長寿ラジオ番組「小沢昭一の小沢昭一的こころ」への出演も見合わせていた。

 昭和4年、東京都生まれ。早稲田大学在学中に俳優座養成所に入所し、26年に初舞台。「幕末太陽伝」「にあんちゃん」「『エロ事師たち』より 人類学入門」など、多くの映画に出演した。

 57年には劇団「しゃぼん玉座」を創設。一方で若いころから大道芸や門付けといった日本の民俗芸能に興味を持ち、全国を回るなどして収集・発掘にも力を注ぎ、レコード「日本の放浪芸」シリーズを制作した。

 平成13年に勲四等旭日小綬章を受章。博物館明治村(愛知県犬山市)の村長も務めた。

--------------------------------

小沢昭一さん死去されたんですね…。 中学生の頃勉強の合間にラジオ聞いていました、いつもラジオ聞く頃に「小沢昭一の小沢昭一的こころ」が放送されていましたわ、中学生なのにそんな番組聞いててなにが面白いのか?と思うかも知れませんが小沢昭一さん話し上手だから毎回プッって笑えたんですょね…懐かしいです。 あのイントロ部分の三味線の音が今でも耳に残っています、小沢昭一さんのオヤジ小話が聞けなくなると思うと寂しいですね。

ご冥福をお祈りいたします。


nice!(1) 

森光子さん死去  [俳優・女優]

森光子さんが死去 舞台「放浪記」で2017回主演       (2012/11/14    産経新聞)

舞台「放浪記」で2017回主演の記録を達成し、昭和、平成を代表する女優として文化勲章、国民栄誉賞に輝いた森光子(もり・みつこ、本名・村上美津=むらかみ・みつ)さんが10日、心不全のため東京都内の病院で亡くなった。92歳。通夜、葬儀・告別式の日程は未定。

    ent12111419330017-p1.jpg 麻生太郎首相(右)に「放浪記」のDVDを渡す女優の森光子さん=2009年07月01日(酒巻俊介氏 撮影)

 大正9年、京都市生まれ。いとこの俳優、嵐寛寿郎さんのプロダクションに入り、昭和10年、寛寿郎さん主演の映画「なりひら小僧・春霞八百八町」でデビュー。映画、舞台に加え歌手としても活動した。終戦後は肺結核による療養生活を経て27年、NHKのラジオ番組で芸能界に復帰。33年、梅田コマ劇場の舞台「あまから人生」での演技が劇作家、菊田一夫さんの目にとまり、東京の芸術座に進出した。

 36年、菊田さん作・演出の舞台「放浪記」で、作家・林芙美子役で初主演し、これが終生にわたる代表作となった。平成21年5月には、帝国劇場で通算2千回の上演記録を達成した。

 テレビでは、昭和40年スタートのドラマ「時間ですよ」の下町の銭湯のおかみさん役が当たり役に。フジテレビのワイドショー「3時のあなた」の司会者も長く務めた。

 「放浪記」のほかに「おもろい女」「雪まろげ」など舞台の代表は多い。平成22年2月、帝国劇場の「新春 人生革命」に出演したのが最後の舞台となった。

 昭和59年に紫綬褒章、平成10年に文化功労者、17年に文化勲章。21年には女優として初の国民栄誉賞を受賞した。

--------------------------------

森光子さんがお亡くなりなったようですね。 御年92歳だそうです、女優さんとしては長生きされた方ではないかと。 森光子さん出演のドラマで一番印象に残っているのが「時間ですょ」昭和の名作です、デジタルリマスターされた番組をチラッとみましたが笑えましたね…昭和の暖かみがあるドラマでした。 最近はTVに出演されることもなかったのでどうされているのかと思うときもありました、若手タレントさんと付き合うのが元気の素だったと聞いたような。

                                 ご冥福をお祈りいたします。


nice!(0) 

昭和の名優・山田悟一さん死去 [俳優・女優]

1週間前は元気だったのに… 山田吾一さん死去、長女が自宅で発見     (2012/10/16     産経新聞)

 NHKの人気ドラマ「事件記者」などで活躍した俳優、山田吾一さんが13日に心不全のため死去したことが15日、分かった。享年79歳。関係者によると13日に長女で元NHKアナウンサー、山田亜樹さんが横浜市内の自宅で倒れている山田さんを発見したという。(サンケイスポーツ)

       ent12101607500002-p1.jpg 13日に亡くなった山田吾一さん。最近まで元気だったという

 北海道出身の山田さんは1958年スタートの「事件記者」で、正義感の強い“ガンさん”こと新聞記者・岩見を8年間にわたり熱演。同作は映画でも人気シリーズとなった。69年のNHK大河ドラマ「天と地と」など時代劇から現代劇まで、悪役からコミカルな役柄までバイプレーヤーとして幅広い演技力をみせる一方で、73年にはテレビ朝日系「アフタヌーンショー」の司会を務めたこともあった。

 関係者によると、山田さんは約1年前に動脈瘤の手術を受けたといい、「術後の健康には問題はなかった」という。約20年前から浄瑠璃の一派「新内栄派」のけいこにほぼ毎週参加しており、亡くなる1週間前の10月6日も参加。その際は元気な様子で、特に変調はなかったという。

同派によると、山田さんの最後の舞台は4月15日に東京・四谷の御苑劇場で行われた公演。家元の渡辺千鶴子さん(81)は、「演技を追求する姿勢がすごかった」と故人をしのんだ。

 通夜は18日午後6時から、葬儀・告別式は19日午前10時半から横浜市港北区樽町2の13の15、双葉斎場で。喪主は長女の亜樹さん。

 山田 吾一(やまだ・ごいち) 1933年2月20日、北海道生まれ。劇団四季などでの舞台活動を経て、58年からNHK連続ドラマ「事件記者」に出演し、愛称「ガンさん」の熱血記者・岩見役で人気を集める。コメディードラマやテレビ朝日系「必殺シリーズ」などの時代劇でも存在感を発揮、舞台や映画に幅広く活躍した。90年に劇団「吾一座」を旗揚げした。

--------------------------------

NHKの連続ドラマ「事件記者」知らないですね…私が生まれる前に放映されたドラマなんて。

山田悟一さんの出演しているTVドラマで記憶があるのは時代劇でしょうか、存在感のある悪役がおにあいでした。現代劇では刑事ものやら単発2時間ドラマ(サスペンスもの)にはよく出演されていたような。

最近、時代劇で悪役を演じられていた方の姿をTVで見なくなりましたがどうされているのかと。

山田悟一さんのご冥福をお祈りいたします。


nice!(0) 

昭和の名優・大滝秀治さん死去 [俳優・女優]

俳優の大滝秀治さんが死去 劇団民芸代表 映画「あなたへ」など多数出演      (2012/10/05     産経新聞)

 独特のせりふ回しと風貌で知られた俳優で劇団民芸代表の大滝秀治(おおたき・ひでじ)さんが2日、肺扁平(へんぺい)上皮がんのため東京都内の自宅で死去した。87歳。葬儀は近親者のみで行った。「お別れの会」を22日午後2時、東京都港区南青山2の33の20、青山葬儀所で開く。喪主は妻、純子(じゅんこ)さん。

       ent12100513430015-p1.jpg 大滝秀治さん

 劇団民芸に所属し、20代から老け役や悪役を演じ、昭和50年のNHK連続テレビ小説「水色の時」の医師役を転機に芸域を広げた。北海道の駐在所勤務の警官を描いた「うちのホンカン」や老刑事にふんした「特捜最前線」で評価を得た。「影武者」「お葬式」など映画の出演作も多く、公開中の「あなたへ」の船頭役が遺作となった。昭和63年に紫綬褒章を受章した。

--------------------------------

昭和の名優・大滝秀治さん死去されたようで。 「あなたへ」出演が遺作となってしまったんですね…私はまだ「あなたへ」を見ていませんがNHKで高倉健さんのドキュメンタリーが放映されたときに船頭役で出ていらっしゃったのを見ました。 大滝さんは映画に出演されるとその役柄に違和感が無いくらいハマってしまうんですょね! 渋い脇役を演じてくれました。 

私は大滝さんのナレーションが好きでした。劇団出身の方は朗読が上手いですね…聞いていて惚れ惚れします。 

ご冥福をお祈りいたします。


nice!(0) 

山田五十鈴さんって文化勲章もらった大女優だょね [俳優・女優]

女優・山田五十鈴さんが死去…95歳、「必殺シリーズ」でも人気    (2012/07/10     産経新聞ZAKZAK)

70年以上にわたり映画、舞台などで活躍、テレビの「必殺シリーズ」でも人気を呼んだ女優の山田五十鈴(やまだ・いすず)=本名・山田美津(みつ)=さんが9日午後7時55分、多臓器不全のため東京都稲城市の病院で死去した。95歳。大阪市出身。葬儀は近親者のみで行い、後日、お別れの会を開く。喪主は未定。

 水谷八重子(初代)、杉村春子と並ぶ“三大女優”が、山田さんの死去ですべて鬼籍に入ってしまった。

 80歳を過ぎてからも朗読劇などで精力的に活動。身の回りの世話に苦労しないからと、東京・帝国ホテルで生活を送っていたが、2002年4月に脳梗塞の疑いで入院。晩年は稲城市の病院で療養生活を送っていた。

 山田さんは新派の女形、山田九州男(くすお)を父に持ち、幼時から常磐津、清元、舞踊など芸事に親しんだ。1930年に映画デビュー。美貌の娘役として日活を振り出しに、第一映画、新興キネマ、そして東宝入り。溝口健二監督「祇園の姉妹」、黒澤明監督「蜘蛛巣城」「どん底」など数々の名作、ヒット作に出演した。後輩から“ベルさん”の愛称で親しまれ、得意の三味線やお囃子を教える「東宝たぬき会」も立ち上げた。

 舞台では「香華」「たぬき」などで名演を見せた。

 数多くのテレビドラマにも出演。大河ドラマ「赤穂浪士」(64年)では二枚目スターだった長谷川一夫との共演で話題に。「必殺シリーズ」では、表は三味線の師匠、裏では仕事人の元締めとしてニラミを利かす“おりく”が当たり役となり、武器ともなる三味線は実際に山田さんが弾いていた。

 私生活では俳優の月田一郎、プロデューサーの滝村和男氏、そして俳優の加藤嘉と結婚・離婚を繰り返した。

 月田との間にもうけた一人娘で女優の瑳峨三智子は、母譲りの妖艶な演技で人気を得る一方、金銭トラブルや薬物中毒で世間を騒がせ、山田さんとの確執も取り沙汰された。92年にくも膜下出血のため57歳で先立っている。

 2000年に文化勲章。当時、歌舞伎以外の舞台俳優としては森繁久彌に続く2人目の受章で、「思いがけなく、過分のものをいただくことになり、戸惑っております。ひたむきに、ひたすらに、芸に取り組んでまいりました」と、語っていた。

 ■女優・司葉子(77)の話 「偉大な先輩でした。同じ脚本でも、山田さんが演じると作品が一回り大きくなる。多種多様な役柄を演じる幅の広さがあり、もう二度と出ないような大女優だった。黒澤明監督の『用心棒』など映画や数多くの舞台で共演したが、いつも圧倒される思いで一挙手一投足に学んだ。女優のお手本で、共演できて光栄でした。私たちの先生を亡くし、とても残念です」

--------------------------------

山田五十鈴さんお亡くなりになったんですね…歌舞伎役者以外の舞台俳優としては森繁久彌さんにつづく文化勲章をいただいた方なんですね。今後、歌舞伎役者以外の舞台俳優で文化勲章を授けられる人って現れるんでしょうかねぇ?

山田五十鈴さんといえば、必殺!仕事人シリーズではないでしょうか。 私はこの時代劇しか印象がないんですけどね、三味線の撥(ばち)で敵を倒すところがなんとも良かったですね!あの白い撥は象牙なんでしょうか?江戸時代にはもうあったのか?と疑ったりしましたがwww

                  f0134963_21153982.jpg  

ググってみたら17世紀ごろから日本国には象牙が輸入されていたようです。 「必殺!仕事人シリーズ」での山田五十鈴演じる“おりく”の武器・撥は象牙製とみましたw 

山田五十鈴さんを見ていると三味線・お囃子の師匠さんってイメージぴったりだと思ってましたわ。

女優・山田五十鈴さん95歳、大往生だと思います。 ご冥福をお祈りいたします。


nice!(0) 
前の10件 | - 俳優・女優 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。