So-net無料ブログ作成

昭和の偉大な芸人がまたひとり [役者]

コント55号の坂上二郎さん死去   (2011/03/10   産経新聞)

 「コント55号」で国民的人気を集めたコメディアンで俳優の坂上二郎(さかがみ・じろう)さんが10日、栃木県内の病院で脳梗塞のため死去した。76歳。通夜・告別式は執り行わず、近親者のみで家族葬を行う。

 平成15年に脳梗塞で倒れ、リハビリで一時は舞台に復帰したものの、昨年8月に自宅で再び倒れてからは療養生活を送っていた。

 昭和9年、鹿児島県生まれ。歌手を目指し19歳で上京、歌手の付き人を経て漫才師になり、東京・浅草のストリップ劇場「フランス座」のコントで共演した萩本欽一さんと41年、「コント55号」を結成した。

 松竹演芸場や有楽町の日劇で舞台狭しと駆け回る勢いのあるコントを披露、萩本さんの全身を使った突っ込みをきっちり受け止める「チッコイ目の二郎さん」として人気者に。テレビのバラエティー番組にも進出し、44年に始まった「コント55号!裏番組をブッ飛ばせ!!」などで活躍した。コントの中で始めた飛行機の手ぶり付きの「飛びます、飛びます」は、坂上さんの代名詞ともいうべきギャグとなった。

 俳優としても味わいのある演技をみせ、TBS系「夜明けの刑事」、NHK大河ドラマ「翔(と)ぶが如(ごと)く」、映画「天城越え」など多くの作品に出演。二期会のオペレッタ公演「こうもり」に出演するなど歌手としても実績を残した。

 昨年8月に自宅で倒れてからは身体が不自由となったが、コント55号の結成45周年にあたる今年1月に萩本さんと出演予定だった明治座の舞台に最後まで意欲を示し、声による出演で、最後の“共演”を果たしていた。

「コント55号 なんでそうなるの?」YouTube動画にありましたのでご覧になってみてくださいw

http://www.youtube.com/watch?v=5PQCmchHS-M&feature=related

--------------------------

「コント55号 なんでそうなるの?」懐かしいですね! 今40代~30代後半の世代でしたらご存じだと思います。私はコントの合間に出てくる実写とアニメの合成が好きでしたね…坂上二郎さんがお亡くなりになってホントに伝説となってしまいました。萩本欽一さんのインタビューTVで見ましたとても残念な表情が印象的でした。

            ご冥福をお祈りいたします。

 


由美かおるさん、「水戸黄門」降板 [役者]

  • 由美かおるさん、お疲れ様でした。

由美さん「水戸黄門」降板 24年間レギュラー出演

 TBS系の時代劇「水戸黄門」に24年間、レギュラー出演してきた女優由美かおるさん(59)が、12日に始まる同ドラマ第41部を最後に降板することが5日、分かった。

 由美さんは同日午後、東京・赤坂のTBSで記者会見し「苦しいことも楽しいこともありました。これからは家の近くの銭湯で伸び伸びと泳いでみたい」などと笑顔で語った。由美さんは1986年の第16部からレギュラーに。演じる女忍者の入浴場面は番組の名物の一つで、これまで200回以上放送された。当初は、かげろうお銀役で、途中から疾風のお娟役で出演を続けてきた。第41部でも、得意の変装を生かして情報を探る役として活躍する。http://www.47news.jp/CN/201004/CN2010040501000168.html

  24年…入浴場面200回以上w

よくもまぁ…入浴シーン200回以上w、悪代官や悪勘定方を湯殿に誘い込んだものですw

凄腕のハーニートラップwですね、かげろうお銀は…。

入浴シーンに限ったこと事ではないんですが、ぼかしをいれても、それなりの歳がバレバレなんですょね。年齢は首や手の甲に出るんですw

由美さん、肌に自信があったのかな?入浴シーンやってこれたのは、カメラアングルがよかったのか?

由美さん、還暦間近なのに年齢を感じさせる部分以外ホント若々しい…同性としては理想ですょねw由美さんの若さの秘訣、見習いたいです…。

“立てば芍薬座れば牡丹歩く姿は百合の花” という日本女性の容姿を花でたとえた言葉がピッタリ!江戸時代の諺だそうですねw


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。