So-net無料ブログ作成
検索選択
ノーベル賞 ブログトップ

ノーベル平和賞の受賞対象になった化学兵器禁止機関には納得できますね! [ノーベル賞]

ノーベル平和賞、オランダ化学兵器禁止機関が受賞       (2013/10/11      産経新聞)

 【ロンドン=内藤泰朗】ノルウェーのノーベル賞委員会は11日、2013年のノーベル平和賞を、世界各国で化学兵器の廃棄計画を進める化学兵器禁止機関(OPCW、本部オランダ・ハーグ)に授与すると発表した。内戦下のシリアで化学兵器を迅速に全廃するという前例のない課題に挑み始めたばかりのOPCWを後押しする狙いがある。

         erp13101118070002-p1.jpg オランダ・ハーグにある化学兵器禁止機関(OPCW)の本部=9月(AP)

 ノーベル賞委員会は授賞理由について「最近、シリアで化学兵器が使用された事実は、化学兵器全廃への努力が必要であることを示した。OPCWの活動を評価することで、(委員会も)化学兵器全廃に貢献したい」と語った。

 同委員会はまた、決められた期限までの化学兵器廃棄を順守していないとして米国とロシアを名指しで批判した。

 シリアでは今年8月、化学兵器のサリンが使われて市民ら1400人以上が死亡。米国によるシリアのアサド政権への武力行使の可能性が高まったが、9月に米露は2014年前半までのシリアの化学兵器全廃で合意、軍事介入は回避された。

 シリアは今月14日に化学兵器禁止条約の190番目の加盟国となる予定だが、国連安全保障理事会決議で義務づけられた化学兵器全廃計画が予定通りに進むか否かには懐疑的な見方も出ている。

 授賞式は、12月10日にノルウェーの首都オスロで行われ、賞金800万スウェーデンクローナ(約1億2千万円)が贈られる。

--------------------------------

ノーベル委員会の化学兵器禁止機関を後押ししょうとする意図がでていますね! シリア国内の化学兵器がテロリストに渡らないようにするためにも資金援助と考えたくなりますね…。 


nice!(0) 

山中伸弥氏はボケとツッコミが上手そうだ! [ノーベル賞]

笑いに包まれた山中教授の講演      (2012/12/08     産経新聞)

ストックホルム=内藤泰朗】ノーベル医学生理学賞を受賞する山中伸弥京都大教授(50)は7日臨んだ記念講演で得意のジョークを連発し、ストックホルム・カロリンスカ研究所の会場は笑いの渦に包まれた。ノーベル賞という世界的権威の重圧下、自ら公言する「へたな英語」をものともせずに大阪人の魅力を存分に発揮。観衆からは温かい拍手が送られた。

        scn12120811240000-p1.jpg ノーベル賞受賞の記念講演をする山中伸弥京都大教授=7日午後、ストックホルムのカロリンスカ研究所(代表撮影・共同)

 山中教授は、緊張した面持ちで演壇に立ち、関係者への感謝の言葉から講演を始めた。だが、10月の授賞発表直前、京都の国際会議に来ていたカロリンスカ研究所所長が「別れ際にウインクしてくれた気がする」とのエピソードを紹介。「いまはその深い意味がわかる」と語ると、会場は大きな笑いに包まれた。

 また、整形外科医から研究者への道を歩み出した自分を「挫折した外科医」と自虐的に呼び、若いころの失敗談でも度々笑いをとった。

 極めつけは、スライドを使って授賞理由となった人工多能性幹細胞(iPS細胞)発見に至るまでの経緯を説明していた際のこと。「インモータリティ(不死)」であるはずの図解説明が「インモラリティ(不道徳)」と間違って表記されていたのを受け、「わざとではありません」と言い訳し、聴衆は爆笑した。

 しかし、山中教授はそんな笑いの中にも、重要な発見が失敗の中に隠されているという真理を若い研究者たちに伝え、iPS細胞が臨床医療や再生医療に活用していける可能性があることを強調することを忘れなかった。

 最後には、研究を支えてくれた妻、知佳さんと、夫妻の亡父たちに感謝。知佳さんは目頭を押さえ、講演後、「いろんなことを思い出して胸が熱くなりました」と語った。

 講演を聴いていたスウェーデン人の女子医学生は、「本当に楽しく、素晴らしい内容でした」と興奮気味に話していた。

--------------------------------

山中伸弥氏の講演会があったならばぜひ聞いてみたいですね!自ら公言している「下手な英語」と言っているようですが欧州の視聴者を笑わせることが出来るなんて常人にはできませんわ。 不死Immortality と不道徳Immorality 確かにスペルが似ていますね、間に  があるかないかの違いですわ、それについて記載間違いを説明できるなんてやっぱりスゴイわ! 笑いのツボを押さえているのではないでしょうか。


nice!(0) 

京大・山中信弥教授のノーベル賞受賞おめでとうございます! [ノーベル賞]

ノーベル賞に山中教授     (2012/10/08     産経新聞)

 【ロンドン=内藤泰朗】スウェーデンのカロリンスカ研究所は8日、2012年のノーベル医学生理学賞を、体のあらゆる細胞に変わる能力を持つ「人工多能性幹細胞(iPS細胞)」を世界で初めて開発した山中伸弥京都大学教授ら2人に授与すると発表した。

        scn12100818460008-p1.jpg  京都大の山中伸弥教授

--------------------------------

山中伸弥教授、ノーベル医学生理学賞受賞おめでとうございます!

iPS細胞の開発成功で難病治療の基礎になるんですょね! 出発点ですが5年後10年後…難病で苦しむ人々に光明がさすのではないでしょうか?

山中教授のノーベル医学生理学賞受賞うけてのマスコミインタビューの一節「日本という国に支えていただいて、日の丸の教えがなければ、この素晴らしい受賞はなかったと心の底から思った。まさに日本という国が受賞した賞だと感じている」 を聞いてなんかじ~んときました。 iPS細胞開発中、口には出せないほどの苦労があったのではないかと想像してしまいます。 これからもさらなる展開を期待しております!

山中教授関連ニュースの続報があるんですがなんといっても第一報ですょね。


nice!(0) 

火災報知器に臭気発生装置を付けたという発想 [ノーベル賞]

わさび警報装置が化学賞 イグ・ノーベルで田島氏ら「受賞にびっくり」   (2011/9/30   産経新聞)

 ユーモアあふれる科学研究などに贈られる「イグ・ノーベル賞」の授賞式が29日、米マサチューセッツ州ケンブリッジのハーバード大で開かれた。わさびのにおいがする気体を噴射して聴覚障害者に火災を知らせる警報装置を開発した田島幸信・香りマーケティング協会理事長(57)、今井真滋賀医科大講師(49)ら日本人7人が化学賞を共同受賞した。

 日本人のイグ・ノーベル賞受賞は5年連続。今回は「火災など緊急時に眠っている人を起こすのに適切な空気中のわさびの濃度発見と、これを利用したわさび警報装置の開発」が授賞対象となり、「非常にユニークかつ実用的」(同賞事務局)と評価された。

 授賞式前、田島理事長は「聴覚障害者に危険を知らせるために考えた技術が世界に評価されて、本当にうれしい」と述べ、今井講師も「受賞の知らせにびっくりした」と喜びを語った。

Improbable Research (イグ・ノーベル賞公式ホームページhttp://www.improbable.com/

--------------------------------

毎年、今時期になりますと本家のノーベル賞に対抗wしてかイグ・ノーベル賞の授賞式が行われますね、受賞した発明品の詳細を新聞等で読ませてもらいますと思わずブッwと吹き出してしまうようなモノがあったり、欧米人のユーモアをみんなで分かち合おう精神にはオドロキです。

イグ・ノーベル賞は賞金は無し、授賞式出席するのに宿泊費・渡航費は自腹w 受賞後のスピーチで会場をジョークで沸かせないといけない試練があるそうです。英語でジョークなんて難しすぎるわwww

イグ・ノーベル化学賞を受賞した「わさび警報装置」の商品はこれです↓

            http://www.pixen-e.jp/product/wasabi.html

通常の火災報知器に比べ割高なので、聴覚障害者の方々には国が購入代金補助してくれると設置しやすくなるのではないでしょうか?


nice!(0) 

劉暁波さん、あらためて平和賞受賞おめでとうございます! [ノーベル賞]

1000人超「劉氏釈放を!」 オスロ恒例たいまつ集会  (2010/12/11  産経新聞)

 中国の民主活動家、劉暁波氏=「国家政権転覆扇動罪」で服役中=へのノーベル平和賞授賞式が行われた後の10日夜、ノルウェー・オスロ市内で受賞者を祝う恒例のたいまつ集会が行われ、地元市民ら1000人以上が、たいまつを手に「劉氏の釈放を」と声を上げた。

 たいまつ集会では受賞者が泊まるホテルまで行進し、ホテルのベランダで受賞者が市民の歓迎を受けるのが恒例だが、今年は劉氏が不在のため、ホテルの壁に劉氏の笑顔が映写機で映し出された。

 参加者は「思想は自由」という題名の歌を歌い、獄中にいる劉氏や、中国で民主化運動が武力弾圧された1989年の天安門事件の犠牲者に思いをはせた。

 ノルウェー人の女子中学生、アネレーアさん(13)は「自分の意見を言っただけで投獄されるのは不公平で理不尽と思う」と話していた。(共同)

ノルウェーの中学生でも民主主義というものが解っているのに…

本人、親族不在のまま劉暁波氏にノーベル平和賞授賞  (2010/12/10  産経新聞)

【ストックホルム=木村正人、オスロ=矢板明夫】ノーベル化学賞など5賞の授賞式が10日、スウェーデンのストックホルムで開かれ、化学賞に輝いた鈴木章・北海道大名誉教授(80)と根岸英一・米パデュー大特別教授(75)らに、メダルと賞状を授与。中国の民主活動家、劉(りゅう)暁波(ぎょうは)氏に決まった平和賞の授賞式はノルウェーのオスロで開かれ、獄中にある本人はもとより、代理人の姿もない異例の式典となった。

 鈴木、根岸両氏はストックホルムの老舗紳士服店「ハンス・アルデ」で採寸したえんび服を着用。鈴木氏の夫人、陽子さん(79)は薄小豆色の着物、根岸氏の夫人、すみれさん(73)は菊と松模様の着物姿で同伴。

 物理学、化学、医学・生理学、文学、経済学5賞の授賞式には約1570人が出席。世界初の体外受精児を誕生させ医学・生理学賞に輝いた英国のロバート・エドワーズ氏(85)は、体調不良で出席できず、家族が代理で受賞。

 日本人の受賞は、2008年に物理学賞の南部陽一郎・米シカゴ大名誉教授(89)=米国籍▽小林誠・日本学術振興会理事(66)▽益川敏英・名古屋大特別教授(70)▽化学賞の下村脩・米ボストン大名誉教授(82)の4氏が受賞して以来、2年ぶり。日本人は00年以降、計10人が受賞している。

 平和賞の授賞式では、中国当局は劉氏や、妻の霞さんらの代理出席を許さず、劉氏の受賞演説に替え同氏の文章を朗読。100年を超える平和賞の歴史の中で、政治的な理由で本人が出席できなかったのは、劉氏を含むこれまでの受賞者121個人・団体のうち5人だけだという。本人も親族も出席できなかったのは、ナチスの支配下にあったドイツの反戦ジャーナリスト、オシエツキー氏以来、74年ぶり。

 式典には、海外亡命中の中国人民主活動家約50人や、日本、米国など45カ国の代表が出席。一方、劉氏への授与に猛反発する中国に同調し、中国を含めロシア、ベトナムなど19カ国が欠席したとみられる。

 授賞式に先たち、ノーベル賞委員会のヤーグラン委員長は9日の記者会見で、劉氏への授賞は「中国政府への抗議ではなく、基本的人権のために戦う中国の人々への支援が狙いだ。中国の将来のためには、経済発展と政治改革を兼ね備えることが重要だ」 と語った。

-----------------------

ノーベル平和賞の授賞式に本人以外の親族を出席させない、中国の息のかかった国の大使は欠席なんですね。

民主化運動家の劉暁波・劉霞夫妻を国外追放にしてしまえば、中国政府の寛容さを世界にアピールでき…ピンチをチャンスに変えることできたのに!見る目をさらに悪くしてしまいましたねw ボイコットした国は同じ穴の狢ですわ。


ノーベル平和賞授賞式に出席する国は評価されるだろうなw [ノーベル賞]

ノーベル平和賞、出席するな…中国が各国に圧力  (2010/11/06  読売新聞)

 【ロンドン=大内佐紀】12月10日にオスロで開かれる中国民主活動家・劉暁波氏(54)のノーベル平和賞授賞式典への出席を見合わせるよう、中国政府が各国に圧力をかけていることがわかった。  AP通信が4日、伝えた。

同通信によると、オスロ駐在のフィンランドなど複数の国の外交官が「彼は犯罪者で、ノーベル賞授与は中国への内政干渉だ」として出席を控えるよう求める公式書簡を中国大使館から受け取ったことを確認した。式典で劉氏支持の声明を出さないようクギを刺す文書もあった。中国政府は、北京駐在の外交団にも働きかけをしているという。ただ、ドイツなどは出席を明言するなど、働きかけが逆効果となる可能性がある。

 授賞式典には、ノルウェーの国王ハラルド5世や同国閣僚が出席する。駐オスロ各国大使ら約1000人が招待され、招待状も発送済み。ノーベル賞委員会のルンデスタッド事務局長によれば、中国大使館にも招待状を送ったが、あらゆる郵便が開封されないまま返送されてきているという。

-----------------

名誉あるノーベル平和賞授賞式を無視するとはねw

ドイツは出席すると表明!さすがは欧州の大国肝が据わってる。

--------------------

中国、日本政府に平和賞授賞式出席自粛を要請  (2010/11/10  読売新聞)

 前原外相は9日の衆院予算委員会で、中国の民主活動家・劉暁波氏に対するオスロでのノーベル平和賞授賞式について、日本政府関係者の出席を控えるよう中国政府から要請があったことを明らかにした。

 前原氏は要請への対応について「適切に判断したい」とのみ述べた。みんなの党の柿沢未途氏の質問に答え。
------------------
中国が日本政府にノーベル平和賞授賞式出席自粛を要請してきたってw 
欠席( ・∀・)ゝ了解!!  とかやってみろ…先進国の笑いもの、村八分にされるわ。
 尖閣中国漁船衝突ビデオ公開するしない…しびれを切らした人がビデオ流出、言い訳ばかりして支持率が下がる一方で、国民信頼回復を考えるならば!ドイツにならって出席を表明してみろゃ♪
予算委員会が進まないw 野党には攻撃材料があるからですね♪

ノーベル平和賞の授与は個人だけなんですね [ノーベル賞]

劉暁波氏「賞は天安門事件の犠牲者の魂に」  (2010/10/12  スポニチ

 ノーベル平和賞受賞が決まった中国の民主活動家、劉暁波氏(54)=遼寧省の刑務所で服役中=は10日、妻の劉霞さん(49)と面会し「賞は89年の天安門事件で犠牲になったすべての人たちの魂にささげる」と涙ながらに語った。劉霞さんが共同通信の取材に明らかにした。

 劉氏は面会で、授賞式には劉霞さんに代理で出席してほしいと依頼。劉氏はこれまで事件で子供を亡くした親の会「天安門の母」に平和賞が授与されるべきと主張しており、劉霞さんが受賞していないと答えると、劉氏は泣きだしたという。

-----------------------

劉暁波紙は、妻の劉霞さんに授賞式に出席してほしいと言っているようですが、中国とスウェーデンの関係がギクシャクしてる状態で行けるんでしょうか?中国は柔軟な態度を取るべきですね!


劉暁波氏「ノーベル平和賞は天安門事件の犠牲者に」 [ノーベル賞]

「賞は天安門の犠牲者に」/劉暁波氏、妻との面会で涙  (2010/10/11  四国新聞

 【北京共同】ノーベル平和賞受賞が決まった中国の民主活動家、劉暁波氏(54)は10日に行われた妻、劉霞さん(49)との面会で、賞は1989年の天安門事件の犠牲者にささげると涙ながらに語った。AP通信が11日、面会の様子を知人らに伝えた劉霞さんの短文投稿サイト、ツイッターのメッセージなどとして伝えた。

 劉霞さんのメッセージによると、遼寧省錦州の刑務所で服役中の劉氏は9日夜に看守から受賞を知らされており、面会の際には既に受賞決定を知っていたという。

 また劉霞さんは受賞発表のあった8日から中国当局によって軟禁状態にされていることを明らかにした上で「みんなにいつ会えるか分からない。私の携帯電話は使えなくされ、電話を受けることができない」と訴えた。

 劉霞さんの親族によると、劉霞さんは8日、公安当局者と共に自宅のある北京を離れ9日、錦州に到着。10日午前から劉氏と面会し、同日夜に北京に戻った。面会が刑務所内で行われたのかどうかは分からないという。

-------------------------

奥様の劉霞さんは中国当局に軟禁状態だと新聞で読みましたが劉暁波さんと面会できて良かったですね!劉暁波氏の「ペンで国家と戦い続ける」が実を結んでノーベル平和賞受賞.

「誰かがどこかで見ている」まさにそうだと。劉暁波氏の「平和賞は天安門の犠牲者に!」の一言で天安門事件犠牲者の弔い戦は続いていくんでしょうね。


中国民主活動家にノーベル平和賞 [ノーベル賞]

劉暁波氏に平和賞 服役中の中国民主活動家・人権を守る「闘争」評価ノーベル委員会  (2010/10/08  沖縄タイムス)

ロンドン共同=小熊宏尚】ノルウェーのノーベル賞委員会は8日、2010年のノーベル平和賞を、中国の著名な民主活動家、劉暁波(りゅう・ぎょうは)氏(54)=「国家政権転覆扇動罪」で服役中=に授与すると発表した。「長年、中国で基本的人権(の確立)のため非暴力的な手段で闘ってきた」ことが授賞理由。国内に住む中国人がノーベル平和賞を受賞するのは初。受刑者への授与も異例だ。

 同委員会は劉氏が1989年の天安門事件に参加し、共産党一党独裁体制の廃止などを訴えた2008年の「〇八憲章」の起草を主導したことに言及。中国に「世界第2の経済大国として、一層の責任を持たなければならない」と人権状況の改善を強く迫った。

 劉氏の妻、劉霞さん(49)は同日、共同通信に「中国で民主化運動に携わる友人らへの励みになる」と喜びを語った。

 一方、中国外務省報道局長は談話で、劉氏を「犯罪者」と批判。平和賞授与は賞の趣旨にそぐわないと強く反発した。

 中国の人権問題に絡む受賞は、89年のチベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世以来。中国政府高官が今年6月、劉氏に賞を与えないよう、同委周辺に圧力をかけたことも明らかになっている。

 天安門事件の際、北京師範大学講師だった劉氏は、戒厳令に抗議してハンストを実行。同事件後に反革命宣伝扇動罪で逮捕された。しかしその後も一貫して北京にとどまり、共産党批判や民主化への活動を続けた。

 2008年12月には、世界人権宣言60周年に合わせ、「〇八憲章」を303人の連名で発表。これまで1万人以上が賛同の署名をしている。

 中国当局は憲章発表の数日前に劉氏の身柄を再び拘束。裁判所は09年12月に懲役11年、政治的権利はく奪2年の実刑判決を言い渡し、今年2月に実刑が確定した。米政府や欧米の人権擁護組織は即時釈放を求めている。

 授賞式は12月10日にオスロで開催。賞金1千万スウェーデンクローナ(約1億2千万円)が贈られることになっている。同委は「家族の誰かが賞を受け取りに来てくれるよう望んでいる」としている。

-----------------

【劉氏に平和賞】「国内の中国人に初の受賞を」 中国の“悲願”に皮肉な結果  (2010/10/08  産経新聞)

 【北京=矢板明夫】中国にとって“悲願”であった中国国内在住の中国人のノーベル賞受賞が、民主活動家、劉暁波氏の平和賞受賞という形で実現したことは、極めて皮肉な結果といえる。

 毎年、同賞の季節になると、多くの中国紙は「中国人の初受賞なるか」との予測記事を掲載し、知名度がある候補の名前を期待を込めてリストアップする。しかし、受賞を逃すと、「欧米に理解されない中国」などの解説記事があふれる。

 これまでにノーベル賞にノミネートされた中国人や、中国とかかわりがある人は少なくない。例えば、民主化活動家として劉氏と同じように投獄されている胡佳氏、米国在住の魏京生氏、世界ウイグル会議議長、ラビア・カーディル氏などだ。彼らは、1989年に平和賞を受賞したチベット仏教指導者のダライラマ14世を含め、中国政府から迫害を受けたり、海外に逃亡したりしている。

 外国籍を取得した中国系科学者や文学者もいる。2000年に文学賞を受賞したフランス国籍の高行健氏は、授賞式に先立つ講演で「中国では過去100年間で数えきれない作家が投獄され、強制労働の罪に処せられてきた。こうした環境の中では、執筆活動や創作の自由について議論することは著しく困難だ」と述べ、学問と言論の自由を認めない中国当局を批判している。

 劉氏の平和賞受賞のニュースは、すでにインターネットなどを通じ中国国内に流れた。ただ、農民や労働者をはじめ、多くの国民にとって劉暁波という名前はなじみがなく、戸惑いを感じるに違いない。中国では、厳しい報道規制のため反体制活動家の名前はメディアに取り上げられることがほとんどなかったからだ。

 今回の受賞が多くの中国人にとって、国際社会における中国の異質さを、改めに考えるきっかけとなるのは間違いない。

-----------------------

塀の中にいる劉暁波氏はノーベル平和賞の受賞を知るだろうか?中国国内の民主活動家や海外で中国の民主化運動をしている活動家は勇気をもらったのではないでしょうか…。

ペンで国家と戦い続ける と新聞の見出がありました。天安門事件で亡くなった多くの同志のために頑張ってください。


ノーベル賞 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。