So-net無料ブログ作成
家畜の伝染病 ブログトップ

「鳥インフルエンザ」養鶏家以外にも注意しなければならないようです [家畜の伝染病]

富山県の白鳥に鳥インフル疑い 農水省が発表  (2010/12/17  産経新聞)

 農林水産省は17日、富山県高岡市の市営高岡古城公園動物園で、鳥インフルエンザに感染した疑いのあるコブハクチョウが見つかったと発表した。県は半径10キロ圏内の養鶏場などに聞き取り調査を実施したが、家禽に異常は見つかっていない。

 農水省によると、この動物園では堀でコブハクチョウ160羽を飼育。16日朝、2羽が死んでいるのが見つかり、うち1羽が県の簡易検査で感染疑いが分かった。コブハクチョウは家禽ではないため、家畜伝染病予防法に基づく殺処分はできない。市は動物園を閉園し、自主的に殺処分することも検討している。

 コブハクチョウは羽を切って飛べなくしているが堀に屋根はなく、野鳥との接触はできる状態だという。

------------------------------

渡り鳥が持ち込む「鳥インフルエンザ」困りものですね、動物園で飼育しているコブハクチョウが感染してしまうとは~。

大型の水鳥は鳥小屋では飼えないもんね!できるだけ自然に近い環境にしないとあの優雅な姿は保てないんでしょうね…「鳥インフルエンザ」が流行れば動物園も安住の地ではないようです。


家畜の伝染病 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。