So-net無料ブログ作成
検索選択
仕事人 ブログトップ

“急死”山口美枝さんのその後の記事を見つけた [仕事人]

“急死”山口美江さんが駆け抜けた波乱人生…熱愛と自殺未遂騒動     (2012/03/10     産経新聞ZAKZAK)

 横浜市内の自宅で孤独死していたタレントの山口美江さん(享年51)。英語、仏語を操る「元祖バイリンギャル」は漬物のCMでブレークし、絶頂期には著名人との熱愛が数多く報じられる“恋多き女”として知られた。しかし、自殺未遂騒動を起こすほど不安定な状態に陥り、1996年に芸能界を引退。その後は父の介護、手がけた輸入雑貨店の閉店と苦労の多い人生だった。

 山口さんは本紙「ぴいぷる」で88年、こんな男性観、結婚観を披露していた。

 「好みはころころ変わるのだけれど、結局、明るくてリラックスできる人かな。結婚相手はいまから50年もいっしょに生活するのだから、慎重に選びたいですね」

 50年をともに過ごす男性と幸せな家庭を築くことなく、51歳で生涯を閉じることになるとは…。

 幼稚園から高校までインターナショナルスクールで学んだ国際派の才女。

 上智大を卒業後に通訳、モデル活動を経て87年、フジッコの「しば漬け」CMで脚光を浴びた。「しば漬け食べたい」のセリフは流行語に。同年、「CNN ヘッドライン」(テレビ朝日系)でキャスターとしてデビューした後、「天才たけしの元気が出るテレビ」(日本テレビ系)などで活躍した。

 英語を自在に操る知的な女性を、男性が放っておくはずはない。交際相手にはお笑いタレントの渡辺正之(56)、歌手・布施明(64)のほか、広告マンやディレクターとの噂も流れた。とりわけ布施に対してはかねてから大ファンだったこともあり、積極的にアプローチ。山口自身が「お付き合いしています」と堂々と宣言し、一時は「結婚へ急展開も」と報じられた。

 ところが、恋が成就することはなく、華やかな生活は暗転した。ストレス食いに走ったのか、95年には全盛期に46キロだった体重が50キロ台まで急上昇。逆に翌96年、“激太り”した体重を落とすべく無理なダイエットを重ね、今度は39キロまで“激やせ”。同年5月には大量の鎮痛剤を服用した自殺未遂騒動を起こし、警察と消防が出動する事態に。その後、休養に入って芸能界の一線から退いた。

 さらに苦労は重なる。山口さんは16歳の時に母を亡くし、以後は父・俊雄さんとの2人暮らしだったが、その俊雄さんが極度のアルツハイマー病に。2006年に他界するまで、介護に追われる日々を過ごした。夜中に徘徊を繰り返したほか、シャツの袖に足を通し、酢の物にはケチャップと、うんざりする行動ばかり。山口さんは父の死後、本紙のインタビューで介護生活を「私も精神的に相当参っていました」と振り返っている。

 芸能界引退後には横浜の中華街で輸入雑貨店「グリーンハウス」を開き、実業家として第二の人生を歩んでいた。しかし、芸能生活のような大ブレークはなく、昨年5月には閉店。今年に入ってめまいや動悸を訴えるなど体調を崩し、8日午前に親族が自宅で発見したときにはすでに息を引き取っていた。

 生前、「老後は父のようにボケないでポックリ逝くのが理想ですね」と語っていた山口さん。バブル時代の日本を駆け抜けた才女の旅立ちはあまりに早く、寂しいものとなってしまった。
---------------------------------

山口美枝さんの“急死”は一人住まいの不安を考えさせる事例でしたね。

夫婦でも別室で寝ると就寝中突然の脳梗塞・心筋梗塞に対応できないという話を聞いたことがあります…朝起きたらパートナーが冷たくなっていた(><)なんて話けっこう聞きます。 

一人住まいの急死はそれと似たようなものではないかと。 私の住んでいるところにも独居老人・老夫婦の家が増えています、地区の人や民生委員が声をかけているようです。若いから働き盛りだから大丈夫というご時世ではなくなったようですね。

山口美枝さんって、バラエティ番組で紹介されていたときワンコを飼っていたような…イザというときワンコはなにも役にたたないんですね、ワンワン吠えて近所の人に知らせるぐらいの知恵ないんでしょうね(><)


nice!(0) 

山口美枝さん、1ヶ月ぐらい前にTBSのバラエティ番組で紹介されていましたね [仕事人]

山口美江さんが死去 キャスター、「しばづけ食べたい」で人気者に    (2012/03/09    産経新聞)

「CNNヘッドライン」の元キャスターで、「しば漬け食べたい」のせりふのCMなどで知られたタレントの山口美江さん(51)が、心不全のため亡くなったことが9日分かった。所属事務所によると、8日昼頃、横浜市中区の自宅で、山口さんが倒れているのを親戚が見つけ、連絡が入った。葬儀・告別式の日程などは未定。

           ent12030912330010-p1.jpg

 事務所によると、山口さんは2月上旬から、めまいや動(どう)悸(き)を訴えて通院。2月28日に雑誌のインタビューを受けるなど仕事は続けていたが、最近になって容体が急変したという。

 山口さんは神奈川県出身。上智大外国語学部を卒業し、テレビ朝日系「CNNヘッドライン」のキャスターとしてタレントデビュー。その後、食品メーカーのテレビCMの「しばづけ食べたい」のせりふなどで人気を集めた。

 バラエティーや情報番組でも活躍し、平成元年には映画「あ・うん」に出演。認知症の父親の介護を通して学んだ経験を生かし、講演活動も行っていた。

タレント山口美江さん“孤独死”…51歳、「しば漬け」CMで人気     (2012/03/09     産経新聞ZAKZAK)

 元祖バイリンギャルとして人気を呼んだ元キャスターでタレントの山口美江さんが7日、心不全のため横浜市内の自宅で亡くなっていたことが9日分かった。51歳だった。今年2月から体調を崩していたという。芸能界の一線を退いてからは父親の介護に追われ、看取った後も独り暮らしだった。葬儀・告別式は未定。

 山口さんの“孤独死”がわかったのは8日午前。所属事務所代表の高山尚之氏は本紙の取材に、「ここ数日、連絡が取れないので、独り暮らしをしている自宅を親族が訪ねたところ、倒れているのを見つけ警察に連絡しました。今年2月に本人から体調が悪いと連絡があって通院していた。突然のことでびっくりしている」と話している。

 山口さんはめまいや動悸を訴えて病院で検査を受けたが、当時は病名が分からなかったといい、通院治療しながら講演活動などの仕事をセーブ。病状が急変したようだ。

 神奈川県警山手署では、事件性はなく、自殺ではないとしている。

 山口さんは1960年、横浜市出身。上智大学外国語学部卒業後、外資系企業に勤務。英語、仏語に堪能で、通訳を経て、テレビ朝日の「CNNヘッドライン」のニュースキャスターとしてデビューした。

 知名度を上げたのは、1987年に放送されたフジッコ・漬物百選のCM。知的なバイリンガルキャスターとして知られていた山口さんが「しば漬け食べたい」とつぶやくせりふが流行語となり、しば漬けもブームを呼ぶなど社会現象になった。知的美人タレントとして各局の情報番組、バラエティーやドラマにも相次いで出演。

 お笑いタレントの渡辺正行(56)や歌手の布施明(64)との熱愛が伝えられ“恋多き女”と言われたが、ファザコンを自認し、生涯独身だった。

 96年には芸能界を突如、引退。後に、父親がアルツハイマー病にかかり、その介護のためだったことを明かした。10代のころに母を白血病で亡くしており、たった1人の家族として父の介護を引き受け、その父親を06年に看取った。

 昨年まで横浜・中華街で輸入雑貨店「グリーンハウス」を経営。介護の体験を講演やトークショーで語るなどタレント活動を再開していた。

1987年(昭和62年)CM しば漬け食べたい! 山口美江   http://www.youtube.com/watch?v=CSRzk710Ufw

---------------------------------

昨日、突然の訃報ニュースに驚きましたね! 1ヶ月ぐらい前のTBSのバラエティ番組で「あの人は今」という見出しで紹介されていたような、山口美江さん元気そうだったのに。 取材中の姿は元気に見えていただけだったのか? 

山口美江さん「CNNヘッドライン」でキャスターされていたそうですが記憶にないですょね…大分朝日放送が1993年10月に開局したけど深夜のニュース番組は見ないんで寝ていましたわ。

印象的だったのが「たけしのTVタックル」の冒頭でのツッコミでしょうか!思わず吹いてしまったことしばしば、懐かしいですね。

山口美枝さんの病死…一人住まいだと突然の発病でも、救急車が呼べない状況がコワイですね!  

             ご冥福をお祈りいたします


nice!(0) 

米国のポップス界女王、不慮の死? [仕事人]

ホイットニー・ヒューストンさん死去=米ポップス界の女王、グラミー賞6度    (2012/02/12   時事ドットコム)

【ロサンゼルス時事】米ポップス界の女王的存在として世界中のファンを魅了した歌手、ホイットニー・ヒューストンさんが11日、ビバリーヒルズ市内のホテルで死去した。48歳だった。同市警によると、事件性はなく死因を詳しく調べている。
 通報で駆け付けた救急隊が高級ホテル「ビバリー・ヒルトン」4階客室で倒れているヒューストンさんに蘇生措置を試みたが、市警が同日、死亡を確認した。ヒューストンさんはこの日、米音楽界最高の栄誉、グラミー賞授賞式を翌12日に控えて、同じホテルで開かれる関連パーティーに出演する直前だった。報道によると、ここ数日はひどく疲れた様子だった。
 1963年、米ニュージャージー州生まれ。母もゴスペル歌手であるなど音楽環境に恵まれ、85年にアルバム「ホイットニー・ヒューストン(邦題『そよ風の贈りもの』)」でデビュー。同アルバムのシングル「セービング・オール・マイ・ラブ・フォー・ユー(同『すべてをあなたに』)」、「アイ・ワナ・ダンス・ウィズ・サムバディ(同『すてきなSomebody』)」(87年)など数々のヒットを飛ばした。
 92年には映画「ボディガード」でケビン・コスナーと共演。主題歌「オールウェイズ・ラブ・ユー」は世界的なヒットとなり、この曲を収めたアルバムなどでグラミー賞を通算6回獲得した。
 絶頂期の92年に歌手ボビー・ブラウン氏と結婚し、翌年長女を出産。2000年以降は麻薬所持や更生施設入り、ブラウン氏による暴行、離婚、さらに破産報道でメディアの注目を浴び続けた。

--------------------------------

ケビン・コスナーと共演した「The Bodyguard」だけ知ってる程度でしょうか…主題歌の「I Will Always Love You」だけはホイットニーの曲だとわかりますね。 薬物依存症だったいう記事で読んだのですが薬物依存症になると毒気が体から抜けないんでしょうかねぇ? ホイットニーはバスタブに浸かった状態で絶命していたような報道です。 近くには薬の小瓶があったと。 

48歳、まだまだ頑張れる歳なのに…  ご冥福をお祈りいたします。

The Bodyguard  http://www.youtube.com/watch?v=zAk8WfasIOo


nice!(0) 

千石先生! まだまだ活躍して欲しかったです! [仕事人]

千石正一氏死去(自然環境研究センター研究主幹・動物学)     (2012/02/08    時事ドットコム

 千石 正一氏(せんごく・しょういち=自然環境研究センター研究主幹・動物学)7日に死去、62歳。葬儀は12日午前9時30分から千葉県松戸市北松戸1の9の3のライフケアメモリイプレイス松戸で。
 TBSのテレビ番組「わくわく動物ランド」や「どうぶつ奇想天外!」に出演。動物の生態を分かりやすく説明し、親しまれた。

--------------------------------

最近、民放では教養番組が減り、毎日ゴールデンタイムから深夜枠までお笑い芸人の出ない番組は無いですね。 ウンザリするわwww

「わくわく動物ランド」や「どうぶつ奇想天外!」などは子供向け教養番組としては良い番組だったのではないでしょうか? 千石先生と言えば!爬虫類が専門ではなかったかと、番組の取材で東南アジアアマゾンアフリカのキモカワの爬虫類・両生類・昆虫類を紹介してくれたのではないでしょうか…62歳だったとは若いと言えば若いのになぁ~残念ですね。 爬虫類・両生類を躊躇無く触れるマニアックさに唖然としたもんです、見ているだけでウギャ~ァと言いたくなるような両生類を触ってみたりする学者根性というか…教養番組では伝説の人になってしまった(><)

 ご冥福をお祈りいたします。


nice!(0) 
仕事人 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。