So-net無料ブログ作成

肉の過剰摂取が大腸がんの要因なのか? [病気全般]

肉食多いと結腸がんリスク=男性44%増、女性は赤身で影響-がんセンター   (2011/11/28  時事ドットコム)

 肉類を多く食べる男性は少量摂取の男性と比較して、結腸がんの発症リスクが44%増加するという研究結果を国立がん研究センター(東京都中央区)がまとめ、28日公表した。女性の場合は、牛や豚の赤身摂取量の多い人の結腸がんリスクが、少ない人と比較すると48%増えたという。
 調査を行った同センター予防研究部によると、男性で、1日当たり約100グラム以上の肉類を摂取するグループで結腸がんリスクが最も大きかった。肉類の摂取量が同35グラム未満のグループと比べると、がんのリスクは44%増えた。
 女性では、牛や豚の赤身摂取量が1日当たり約80グラム以上のグループは、同25グラム未満のグループと比較して結腸がんのリスクが48%増加したとされる。

--------------------------------

私、糖尿病発病…入院してから食生活考えるようになりましたね。

牛・豚・鶏肉好きなものですからよく食べていましたわwww 糖尿病治療するようになってからは量控えめになりました、食べられなくなったというか…。 

上記事には鶏肉のことが書かれていませんが他紙では鶏肉の食べ過ぎもよくないと書かれていました、鶏肉消費量日本一の大分市民としては凹む記事でしたね。 

 


nice!(0) 

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。