So-net無料ブログ作成

iPS細胞でキラーT細胞を増殖できるようです [病気全般]

iPSでリンパ球大量作製=がん治療に応用も-理研        (2013/01/04      時事ドットコム)

 がんの一種の悪性黒色腫を殺すリンパ球「キラーT細胞」をいったん人工多能性幹細胞(iPS細胞)に変え、T細胞に戻すことに理化学研究所の河本宏チームリーダーらが成功し、米科学誌セル・ステムセルに4日発表した。iPS細胞を使えば特定のT細胞を大量に作れるため、患者の免疫を活性化させがんを抑える免疫療法に活用できる可能性があるという。
 T細胞では、遺伝子の並べ替えによって異なる受容体を持つ何百万種類もの細胞が作られ、それぞれ別のウイルスやがんに侵された細胞に反応するようになっている。研究チームによると、並べ替えた遺伝情報はiPS細胞にしても元に戻らないため、再びT細胞に変えると当初と同じ受容体を持つ。
 研究チームは悪性黒色腫に働くT細胞をiPS細胞に変えた上で刺激し、大半を同じT細胞に戻すことに成功した。
 研究チームによると、現在のがん免疫療法は患者のT細胞を刺激して増やすが、大幅には増えないため効果が限られる。今回の方法は細胞を大量培養できることから、こうした問題を解決する可能性がある。他のがんでも同じ結果が期待できるという。
 中内啓光東京大教授らも同様に、エイズウイルスに反応するT細胞の作製に成功。同誌に発表した。

--------------------------------

今日朝のワイドショーで紹介されていました。 理化学研究所のiPS細胞でキラーT細胞の増殖に成功したという報にはスゴイ成果だと感じたもんです。 これからマウス実験でどのくらいガン細胞を攻撃できるか検証するようですが人体に使えるようになるには暫くかかりそうです…ガンの薬とか放射線治療をを使わず患者本人のキラーT細胞でガンを消滅できたら人体への負担が軽減されるでしょうね。

Cell Stem Cell 誌の記事はこれでしょうか?http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1934590912006364

 


nice!(0) 

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。