So-net無料ブログ作成

中国の糖尿病患者1億人超だって、高カロリー食品食い過ぎか? [病気全般]

中国の糖尿病患者1億人超か 予備軍は5億人? 経済発展で急増        (2013/09/28     産経新聞)

 中国の糖尿病患者が1億人を超え、発症のリスクを抱えた糖尿病予備軍も5億人近くに達した可能性があるとの研究結果が28日までに米医師会誌(JAMA)に寄稿され、中国で波紋を広げている。

 研究者は既に「警戒レベル」に達した可能性を指摘し、腎臓障害など合併症の「大量発病」を招きかねないと警告。専門家の間では、医療費の増大などで経済成長にも悪影響を与えかねないとの懸念も出ている。中国では、ここ十数年ほど、経済発展に伴って糖尿病患者が急速に増加した。

 研究は中国人の専門家が実施した。それによると、約1億1400万人が糖尿病を患い、予備軍は約4億9300万人に上る。合計約6億人で、約13億5000万人の総人口の約45%を占める。都市などの経済発展地域で患者が多いという。

--------------------------------

中国って昔から医食同源って聞いていたから食べ物には気を遣う国民だったのでは?急速な経済発展で洋風の高カロリー食品を食べ慣れたためなんでしょうかねぇ…ジャンクフードでも食べ過ぎたか。

先日NHKのバラエティ番組で、砂糖に代わる低カロリー甘味料のキシリトール工場が紹介されていましたわ、中国ではキシリトールの原料がトウモロコシの芯だそうですね。そんなキシリトールを生産している中国で糖尿病が増えているなんて……糖尿病患者とその予備軍で約6億人、中国人口約13億5000万人の約45%だそうで。 中国得意の漢方薬でも糖尿病患者助けるの難しくないですかねぇ…。


nice!(0) 

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。